1人で生きていけそうな人?

f:id:yuzukoanzu:20210420181227p:image

 

ゆずさんって一人で生きていけそうですよね。

 

ん?これって褒められてるの?

逞しすぎるってことかい???

 

 こんばんは。ゆず子です。今日、相談に来てくれた高校生の男の子に「ゆずさん。ゆずさんって一人で生きていけそうな人ですよね。どーやったらそんな風になれるんですか?」と、聞かれました。

 

「えっ?わたし?わたし?一人で生きていけそうに見える??」

 

「見えます。何か、何でも一人でやれそうだし。困った事が起きても自分で解決できそうだし。困る事無さそうじゃないですか。」

「何か、かっこいいじゃないですか。」

f:id:yuzukoanzu:20210420195504p:plain


「あらっ。かっこいいなんてありがとう。でも、私、一人で生きていけるかー。んー。君がどんな事を思ってるかは分からないけど、山奥で1人で自活してと言われたら、出来るかもしれない。でも、社会の中でやっていく中では1人では何も出来ないよ。」

「社会の方が難しいの?」

「私はそう思うかな。だってさー。システムとか色んな事がどんどん変わるじゃない?ついていくの大変。今はこの職場は全てがネットで管理されてるのよ。レポート1枚、手渡しじゃなくてネットなのよね。たまに自分のパソコンだけ、何でかWi-Fiがおかしいとかなるとさー。もう「ヘルプ!ヘルプ」だよ。」

「そーやんだ。大人も大変なんだね。」

「そーだね。40もなるとさ、若い時には説明書を読まなくても出来てた事が、出来なくなるしさー。なかなか苦労してるだよ。」

「へー。」

「助けてもらうためって変な言い方だけどさ。「助けてー」って言うためには、その環境を整える種まきも必要なのよね。苦手な人ともコミュニケーションとって、苦手な人の良いところを観察してみたりさ。良い人だなって思ってけど、実は違うってこともあるしね。大きな声では言えないけどね。」

「ゆずさんも人間関係で悩むことあるの?」

「あるよ。あるよ。もー日々悩むよ。それでも社会の中で生きてるからね。何とか悩みを減らすようにあれこれと工夫する。工夫して失敗したら見直す。もーこれの繰り返し」

「そーなんだ。なんか、スッキリした。今日は帰るよ。」

 

君は、何の相談に来たのだい??

相談に来てても、こんな事もあります。雑談をしてるなかで、頭の中のモヤモヤが消えて帰って行く人もいて、「私との会話で、何が結びついたのかを教えてから帰っておくれよー。私には??だよ。」なんて残された私が考えてしまうこともあるんですよね。

f:id:yuzukoanzu:20210420191052j:image

こんな私ですが、よく「1人で生きていけそう」と言われます。

でも、1人でなんて社会のなかではやっていけない。1人で生きていく勇気もない。

いつもバタバタしながら「あーっ!」って1人大騒ぎしてる。

かっこいい女性とは程遠い。

娘の中学校のことすら、いつもママ友さんたちに助けてもらって、今やLINEで「明日、○○だよ。」なんて有難い連絡をもらっている状態。仕事してても「あれ?あれ?」と、私が言い始めたら「昨日の書類ですか?ここに挟んでましたよ。」って、笑いながら教えてくれる若い同僚もいたり、書類の言葉(専門用語)が間違ってると笑いながら「これこれ!ここ。この言葉は、こうしないと、他の人が見ても分からないよー。」と、教えてくれる年上の人達がいて。

本当、皆さんに助けられてるから、何とか回ってるんですよ。

f:id:yuzukoanzu:20210420192428p:image

私が一人でも生きていけそうに見えてるなら、それは私の周りの人たちのお陰。周りの人たちが、どうしようもなく「漏れまくり、抜けまくり」の私をカバーをしてくれてるから。

そんな支えがあるから私は私でいられる

 

1人で生きていけそうだと私のことを言ってくれる誰かがいるっていうことは、私が周りに恵まれてるっていう証拠

私が褒められてるんじゃなくて、私の周りの人達がスペシャルに人をカバーする力を備えていらっしゃるということなので、私を通して支えてくれる人達が褒められてるんだなって思います。そんな人たちに支えられてる私。本当に有難いなと思います。

 

もーね、40だから、頭から漏れ出ることだらけ。

いや、本当に皆様には足を向けては寝られません。

思いやりの積み重ね

f:id:yuzukoanzu:20210419210823j:image

 

春って、こんなに雨が降るものですか??

最近、週末になるとよく雨が降るなー。昨日もパラパラと降ったり、止んだりの繰り返し。困ります。

f:id:yuzukoanzu:20210419192745p:image

こんばんは。ゆず子です。

我が家は家庭内別居中。ギスギスしたり、そうじゃなかったりを繰り返しています。

 

休日の雨って嫌です。昨日は、午後から小梅ちゃんの塾があったので、送ったまま、愛犬の小夏ちゃんとわたさんのシャンプーを買いに行きました。空を見ると怪しい雲行き。散歩が終わるまでは降らないで!!

 

2匹がお気に入りの海まで散歩に行って、思いっきり遊んでいたら雨が降り始めました。

まぁ、遊べたから帰ろうか。と、車に乗せて帰っていると思い出したのは、干した洗濯物。

「きっと濡れてるだろうなー。」と、思いながら帰宅して、ふとベランダを見ると洗濯物が無いの。

f:id:yuzukoanzu:20210419192801p:image

「パパー。もしかして、洗濯物入れてくれたの?」

「入れたよ。散歩行ったの??」

「洗濯物、ありがとう。散歩、行ったよ。」

「わざたん達、濡れてるんじゃない?」

「濡れてるね。」

「お風呂に入れるよ。」

ん????今、何と?????

お風呂に入れるよ??

そんな言葉、はじめて聞いた。雨が降って、洗濯物を入れてくれたのもはじめて。

もービックリ!ビックリ!!ビックリ!!!

 

私の気持ちがとっても穏やかになりました。

2匹を乾かしてから、数年ぶりに娘の小梅にゃん抜きで2人で少し遠くのスーパーに出かけました。小夏ちゃんとわたさんが 好きな内蔵系の珍しい食材を相談して買いました。

こんなのは、本当に数年ぶり。自分でもビックリです。買った内蔵系の晩御飯に2匹は大喜び。

旦那と小梅ちゃんには、ステーキを焼きました。

f:id:yuzukoanzu:20210419192821j:image

夜、私が頭を抱えながら、小梅ちゃんの塾のオンライン授業の準備をしていると、「どーしたの?」「いや、これ。この画面の通りにならないのよ。」私、入力は得意だけど、ダウンロードは苦手です。「どれ?」と、案内用紙を見てから「こうじゃないの?」と、ダウンロードまでしてくれて、小梅ちゃんは感動。私も感動

f:id:yuzukoanzu:20210419192954p:image

かなり好感度アップです。旦那。

なんかいい。皆んなが優しい気持ちになれる時間。このまま、出来るだけ長く続けばいいな。

 

こんな日が時々訪れるなんて、ほんと数ヶ月前までは考えても無かった。

 

もう直ぐ、ゴールデンウィーク。このままの雰囲気の家族でコロナに気をつけながら家族で楽しい思い出が出来たらいいな。

 

f:id:yuzukoanzu:20210419210840p:image

 

忙しい日々は深い思考をストップさせる?

f:id:yuzukoanzu:20210417090052p:image

「小梅ちゃんよ。小梅ちゃんは最近は本を読んでるのかい?」

「いや。忙しいから。」

予定を詰めすぎたら、大事なことを考える時間がなくなるんじゃないかね?振り返って後ろを見ることも大事なことだと大ばぁちゃんは思うがね。まー時代が違うと言えばそれはそうなんだがね。お母さんに大ばぁちゃんが、そう言ってたと伝えておいて。」

(聞こえてますが。)

今年91歳になる私の祖母が投げかけた言葉。

たまに投げかける言葉がぐっと胸に刺さります。

 

こんばんは。ゆず子です。口を開けば忙しい。忙しいを繰り返してしまっています。

f:id:yuzukoanzu:20210418155821p:image

祖母の話を聞いてた母

「最近の人は、本当に忙しそうよね。お母さんの時とは比べ物にならないわ。じっくり物を考えたり比べる暇がないから、浅い情報を拾うしか無い人も多くなってしまってるよね。」

 

数十年前から比べると家電製品は良くなって、ネット環境は整って本当、便利になってるのに「なぜだろう?」忙しいのは。

f:id:yuzukoanzu:20210418155753j:image

時間のやり繰りが下手?

要領が悪い??

 

小梅ちゃんも何だろう?忙しい。

ずっと何かに追われてる。

 

小梅ちゃんもゆっくりと本を読んだり、何かを考えてるような時間が無い。

 

私は、本を読む時間は、ぐっと減って職場のお昼休みと寝る前の数分間。小梅ちゃんのお稽古のお迎えの時くらい。この慌ただしいのは何が理由なんだろう?

 

昔、かき集めた情報は膨大にあるのに新しい情報が更新されにくい。知らないことも増えてきてる。

 

これは非常にまずいのではないですか?

 

小梅ちゃんは、もっとまずい。

このまま大人になったら、じっくり物を考えることが出来ない人になってしまう。

そんな自分に気が付かない人になってしまう。

1人で思いや考えを巡らせる時間。

本から擬似的な体験をして知識を得たり、考えを深める時間。

これって大事な時間だよね。

 

最近、小梅ちゃんは自分の優先事項が逆になってる。優先度が低いことから取り掛かってる。

小梅ちゃんが自分で考える前に口出ししてる私が原因だよね。

f:id:yuzukoanzu:20210418160130j:image

失敗しないと分からないことってあるんだけど、

ついつい忙しくて、失敗してギャーギャー騒がれるのが嫌で、出来るだけ失敗せずにいてほしい。そんな浅はかな考えの私が原因よね。

自分で最初から最後まで責任をもってやらないから、何も考えない子になりつつある。

 

と、言うことで時間の確保をするために 生活のスケジュールを見直そうと思います。

ついつい塾からの提示に従ってしまってるけど、振り回されず、本当に小梅ちゃんにとって必要なことだけを残して、小梅ちゃんが、家でゆっくり考えるなかで、必要だと言った時に足したらいいかな。

長いようであっという間に過ぎる娘の中学校生活。気持ちにゆとりがない私だから、ついつい焦る気持ちが生まれてしまう。ダメだなー。

 

f:id:yuzukoanzu:20210405195739p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おともトイレは当たり前??

f:id:yuzukoanzu:20210418152552p:image

中1ギャップをのりきろう!

小・中学生になると始まる「お友だちと一緒にトイレ=お供といれ」小学生のときは、「トイレに一緒に行くのが何だか変だね。」なんて、言いながら面白かった「おともトイレ」中学生でもずっと続けるものなのかな??

f:id:yuzukoanzu:20210418152856p:image

 

どうして、トイレに一緒に行くんだろう???行かないといけないものなの?

 

昔は女の子特有の「おともトイレ」でしたが、最近は男女問わずに一緒にトイレに行く子どもが増えているみたいですね。

 

社会でやっていくためには、人との関わりを抜きでは生活を成り立たせることは難しいですよね。

学校生活は、社会生活の一部であり、学生時代は、社会に出るための準備期間です。

 

入学したての頃は、小学生のときからの友だちに固執してしまう子どもは多いですが、中学校生活に慣れ始めると部活動やクラスメイトとの交流によって輪が自然と広がり始め、小学生のときよりも自分に価値観や考えがより近い友だちと固まるようになり始めます。

友だちと同じ行動をすることで、自分にとって必要なのか、自分と価値観や考え方が合うのかを模索する時期が中学生時代です。

 

トイレに連れ立っていくというのも模索の一つです。

・自分は行かなくないけど、友だちがトイレに行

 くからついて行く

・友だちに誘われるからトイレについて行く

・グループの暗黙の了解の連れトイレ

 

小学生のときには、特に何も感じなかった「ともトイレ」に負担を感じるようになる子もいれば、何も思わずに継続する子もいます。これは、パーソナルスペースの差が関係しています。小・中学生のパーソナルスペースは、家庭の考え方(親の考え方)によって影響を受けます。

 

f:id:yuzukoanzu:20210418153733p:image

パーソナルスペースとは、人の心理的なテリトリーのことです。 人の心には、ある程度の距離であれば普通に接することができても、それ以上踏み込まれると不快な気持ちになったり嫌悪感を抱いたりするテリトリーがあります。 テリトリーの広さには個人差がありますし、相手との関係によって広くなったり狭くなったりします。

 

家庭のなかで「あの子と一緒にいたら安心」「あの子と一緒に部活をしたら?」「分からないことは、○○さんに聞いたら?」「あの子は同じ部活なの?」と、いった依存を誘発させる会話が聞けば、子どものパーソナルスペースは、自分の意思よりも親の意思に近くなり、特定の友だちへの依存やグループへの依存が高くなりやくすなります。

 

幼少期のころであれば、親同士の繋がりでコントロールやすい子どもの友だち関係ですが、中学生になると子どもは、今まで以上に友だちに興味を持ち、同じような行動をし始めたり、同じような考えや好みが合う子を求め始めます。「一緒にトイレに行く」というのは、いわばパーソナルスペースが狭い関係です。常に同じ友だちと同じ行動を取りたい子ども同士が集まれば、成立する関係ですが、違和感を感じる子がいれば成立する事が難しかなり始め、仲間はずれ、結託等のトラブルに発展するケースあります。

 

かと言って、中学生だからと目を離しすぎると、子どもは親子関係において、寂しさを感じている場合も多く、子どもは家の中や学校の先生の前、親と仲の良い大人の前では明るく、良い子を演じていることもあります。子どもが「良い子」を演じるのは、親の目を引きたいためですから、親には分かりにくく、子どもが「寂しさ」感じていることが分かりにくいところもあります。そういった寂しさを感じている子は、友だちとの関係を強く求め、パーソナルスペースが狭い場合が見られます。

 

おもしろ、おかしく一緒にトイレに行っていた小学生のときとは異なり、中学生からは、相手のパーソナルスペースと自分のパーソナルスペースを意識して少しずつ距離を近づけることも必要ですね。

 

親は、過干渉になりすぎて、子どもの友だち関係や人間関係にまで口を挟みすぎず、また、同様に目を離しすぎて、子どもが何をしているのか分からないといった事にはならないよう、適度な距離感を保ちながら、思春期の子どもと関わりを持つことが大切なことですね。

 

 

 

 

 

部活は友だちで選ぶ?やりたい部活で選ぶ?

f:id:yuzukoanzu:20210415222127p:image

中1ギャップを乗り切ろう!

「入部を決めたのに不安になるのはなんで??」

部活見学が終わると入部届を提出しますね。一緒に見学に行った友だちから「やっぱり、違う部活に入ろうと思う。」と、言われると何だか友だちに裏切られたような気持ちになったり、「やっぱり別の部活にしようかな。」というような迷いが起きることってありますね。

 

部活を選ぶときに考えたこと

帰る友だちがいるかな?

部活動の雰囲気はいいかな?

先輩は優しいかな?

友だちは一緒に入るかな?

友だちは何人くらい一緒に入るかな?

新しい友だちは出来るかな?

仲間はずれにされないかな?

 

f:id:yuzukoanzu:20210415222026p:image

部活動選びをする上で、部活動の内容と同じくらいに友だち存在や先輩の雰囲気は大きいようです。

 

スケジュールの確認をして、「この部活に入ろう」と、入部届を書こうとしても、「友だちは、本当に入部するのかな?」約束をして帰ってきてるのに不安になることがあります。これは、まだ、名前を知らない同じ学年の子がいたり、学校のことの半分も「分からない」「知らない」ことだらけで、中学校生活に慣れていない不安が大きい証拠です。

小学校では、友だちと ちょっとした言葉の食い違いから喧嘩になってしまったり、不仲になってしまった事が少なからずあったのではないでしょうか。そんな経験を重ねて親しくなった友だちは、新しい環境の中では、心強い 大きな存在になりますよね。

部活動は、学校生活の一部であっても放課後や休日、朝に活動する「特殊な時間」です。「部活動」としての動きがあることから 友だちの部活動選びが気になるのは、自然に生まれる気持ちです。

 

とはいえ、中学校生活は始まったばかり。時間と共に人の輪は広がっていきます。人の輪が広がると、苦手な部活を選んでしまったことを後悔する気持ちが生まれることがあります。

「やりたかった部活に入れば良かったな。」「違う部活の方が楽しそう。」という思いが強くなり、積極的に活動することが出来ずに「つまらない」と感じてしまい、気持ちへの負担が大きくなることがあります。逆に「友だちと一緒に入ったから、苦手だと思っていたことが楽しく出来るようになった」と、思うこともあります。部活動は、友だちも大切ですが、内容もやはり大事なところですよね。

f:id:yuzukoanzu:20210416202424p:image

 

夏頃には、中学校の大まかなことを把握し、学校生活に慣れはじめます。本当に自分にとって合っている部活動なのかどうか、というのも分かり始めます。

4月に選ぶ部活動は、自分に合う合わないもはっきり分からないままにスタートします。合わないときには、部活を変える事ができます

「友だち」か「やりたい事か」と悶々と考えすぎては、チャレンジする気持ちが不安に押し潰され兼ねません。自分の心に従って、気軽にチャレンジしてみてはどうでしょうか。

 

 せっかく入部をするなら、まっすぐな心で気持ちよく 部活動に挑戦できたらいいですね。

 

追記

4月13日のブログで書いた部活動についての記事に関係する2018年の「好きな競技、自分のペースで「ゆる部活」で体力向上」という記事を見つけたので、ご興味がある方は⇓をどうぞ。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASLCT5QZ3LCTUBQU004.html

 

 

モラハラ旦那の暴かれた企み

f:id:yuzukoanzu:20210415194952j:image

少し前までいい感じで、家族に優しさを心掛けて旦那は、最近、チラホラとモラハラが見え隠れしています。

 

こんばんは。ゆず子です。

我が家は家庭内別居中。完全なモラハラ旦那は、少しずつ変わりはじめてプチモラハラ旦那になったはず???

 

1週間と少し前、ほんの一瞬だけ良い感じの旦那になっていたんですよね。娘の小梅ちゃんが中学生になるから?意識が変わりはじめた?なんて、ちょっと思ってしまった私がバカだった。良い旦那と良いパパは、ほんの一瞬で姿を消そうとしている。まぁ。でも、前から比べれば、1週間と少し演じられるようになったのは凄い進歩。

 

f:id:yuzukoanzu:20210415200210p:image

旦那は、損得勘定で動く人。得になることには多少の努力ができる策略家。そして、自分が得になる事を察する能力は凄い。

小梅ちゃんが中学生になるということは「小梅ちゃんは、iPhoneにデビューする」と、察していたみたい。

 

その通りで、中学生になったらiPhoneに切り替える予定にしていた私。理由は単純。Androidの使い方が全く分からないの私。

小梅ちゃんに設定を依頼される度に「はっ?へっ?んー?」の繰り返しだったから、「切り替えてしまえば使い方に迷わない!!」

 

旦那は、便乗するための策略を企てていたよう。「少しの間、良い旦那。良いパパでいよう。そうすれば、小梅ちゃんが「パパのスマホは変えないの?」と、ママに聞くはずだ。」「でも、長期戦は無理。ゆずさんのことだ。ぎりぎりまで動かないはず。きっと入学式だ。」

正解。正解。大正解。これが、良いことなら「なんてすごい洞察力。さすがね。」と、いうけど、そんなこと言えるはずもない。

 

ちがっているのは、策略を企てなくても旦那の性格を考えると、面倒なので旦那のスマホも一緒に変えるつもりだったんですよ。

 

入学式と同時に家族揃って変えました。

悲しい事にモラハラ旦那は、「自分の勝ちだ」と感じたのことは口から出さずにはいられない人。勝ち誇った顔で、自分の計画の成功性をポロポロポロともらしてしまう。バカだと、正直思います。

 

「小梅ちゃんに便乗しないと変えてもらえないからさー。いいタイミングだったよ。」

 「良いことをした後は 良いことがあるなぁ。」

怪しい一言を何度か、ポロポロと漏らすバカな旦那。

そして、今日、母からの電話「小梅ちゃんの塾のお迎えをパパに頼んでおいたから、パパに任せなさいよ。お迎えくらいは、行ってもらったらいい。」

f:id:yuzukoanzu:20210415200224j:image

帰宅して、慌ただしく家事をしながら時計を確認。お迎えの時間なのに出る気配が無い旦那。そっと下に行くとお風呂に入ってる!!!!

ドア越しに「小梅ちゃんのお迎えは!?」と、聞くと「えっ?僕?行くの??ゆずさんが行くんだとばかり思ってたよ。」 「お母さんからパパが行くって聞いたんだけど?」 「あー。スマホ、小梅ちゃんに便乗して買い替えるんでしょ??何もしないはダメよ。お迎えにくらい行ってね。」と、言われたから、「あー。そーですね。」と、返事しただけだよ。」  「行かないの?」「あーそうですね。と、応えただけで、行きます。と了承したわけじゃないよ。それに、スマホ もう買い換えたからさっ。」

f:id:yuzukoanzu:20210415200332p:image

やっぱり君はそういう人だよ。自分の損得勘定でしか動かないモラハラ旦那。でも、そうやって損得勘定ばかりしてたら、結局は何も残らなくて、結局は色んなものを失って、大損するんだよ。最期は孤独な老後が待ってるかもしれないね。

f:id:yuzukoanzu:20210415200146p:image

 

死ぬまで本当に一緒にいるのかな??なーんて迷いとため息がでます。

 

 

 

 

 

休日くらいは夜更かしOK??

f:id:yuzukoanzu:20210415183412p:image

中1ギャップを乗り切ろう!!

もう直ぐ休日ですね。入学式が終わってからは、身体測定や授業の開始、実力テストなどであっという間に過ぎた1週間だったと思います。

 

入学直後は緊張と不安で心の中で、何本もの糸をぴんと張ったている状態です。心がとても疲れている状態になっています。休日を挟んだ1週間が過ぎた頃には張った糸は、少しずつ緩みはじめます。休日にゆっくりと過ごすことで、緊張から少し解放されるからです。ここで大切なのは、休日の過ごし方です。

f:id:yuzukoanzu:20210415183651p:image

緩めると休めるは違う??

緩めた休日の子ども

休日の前日から夜遅くまで起きる→朝、遅くまでねてしまう→朝ごはんがズレる→生活リズムが崩れる→月曜日が憂鬱になる

平日、切り替えが上手く出来ずに「なんだか、だるいな。」と、感じるようになり始め、やる気が無くなることに繋がり易くなります。

 

休める休日の子ども

起床時間は変わらない※疲れているので30分から1時間なら起きる時間がズレることはあります。→朝ごはんをしっかり食べる→午前中からお昼過ぎまでは、活動的に動いている→夕方近くになるとゆっくりし始める→生活リズムが崩れない→月曜日から通常の生活を送れる

f:id:yuzukoanzu:20210415181413p:image

 

生活リズムが整っているということは、体内時計が整っているということです。脳が正しく働いている証拠です。

 

体内時計リズムが崩れるということは、いわば時差ぼけを起こしているということ。一度狂った体内時計は、リセットされるまでに役3日ほどかります。長い子だと1週間はかかると言われています。リセットされた頃に休日がやってきて、また狂うを繰り返していくと、脳の働きはどんどん鈍くなり、日中の活動量はどんどん減ってしまいます。手持ち無沙汰な時間を更にスマホやゲームに費やすことになっていきます。

 

中学校生活は始まったばかり。新しい生活リズムを身体と脳が覚えられるようにするために、休日は気を緩めるのではなく、身体と心をゆっくり休ませることが大事です。

 

「中学生だから」と、言いながら危険信号を無視しながら過ごした3年間は、高校生でも同じことを繰り返すことも多い。理由は、体内時計が狂いきってしまって、脳が上手く働かない状態になっているから。

f:id:yuzukoanzu:20210415182626p:image

 

自分の心に問いかけることは、将来の自分を見つけていくこと。今の自分を見失わないようにすること。将来の自分につなげていくためにも生活リズムを整えることは、とっても大事な事。